フッ素はどんなふうにきくの?

健康な歯はむし歯菌のつくりだす酸によって溶け(脱灰)したり
唾液の中のミネラルのよって修復(再石灰化)されながら、バランスを保っています。
ところが脱灰が多く、再石灰化が足りない状態が続くとむし歯ができはじめてしまいます。

こんな歯の修復を助けるのがフッ素
①歯が修復されるスピードがはやくなり修復される量も多くなる
②修復された歯の結晶が、もとの歯の結晶より硬く丈夫になる
③抗菌作用があり、むし歯菌の働きを抑える

という3つの働きがありむし歯予防にたいへん役に立つのです。