定期検診はなぜ必要?

治療が終わってしばらくしたらまた治療が必要になってガッカリ、なんて経験はありませんか?
お口の環境を改善して病気の原因を減らさないと、虫歯も歯周病もまた繰り返しになってしまいます。
 そこでおすすめしたいのが定期検診です。新たなトラブルの進行を止めるケアシステムです。
 定期検診で行うメンテナンスは医科の定期検診と違って検査や健康指導だけでなく、歯石取りやクリーニングなども行う歯科独特のものです。
 毎日の歯みがきで残ってしまったプラークやしつこい歯周病菌を、歯科医院でしっかりとかき出し減らします。虫歯菌や歯周病菌の棲みかであるプラークや歯石を取り除けば、病気のリスクを減らすことができます。これを定期的に行いリスク管理することでトラブルの起こりにくいお口を長く維持することができます。
歯の健康についての意識改革をし、治療の連鎖を断ち切りましょう。