指しゃぶりはいつごろやめさせる?

指しゃぶりは赤ちゃんが自分の体をさわって確認する探索行動の一つとして始まります。
つまり、指をしゃぶることは生理的行動であり、正常な行動です。
乳児の指しゃぶりは、発達するにつれて本人の興味がほかに移り、自然になくなることが多いです。


3歳を過ぎてもまだ指しゃぶりが続いている場合には、指しゃぶり行動が習慣化しつつあると考えられます。
指しゃぶりをしている子供の注意をそらし、口から指を出さざるをえないようにしむけてあげましょう。
指が口に入っていることを注意するよりも、指が口から離れていることを褒めてあげることが大切です。


永久歯が生えてくる5~6歳になるまでに指しゃぶりの癖がなくなっていれば、以後の歯並びに与える影響は少なくなります。