顎関節症にならないための食事上の注意は?

野菜など繊維の多い食品を噛んで食べることが大切です。
よく噛まずに食べていると、顎の骨や筋肉が正常に働くことができません。
よく噛むことで、よい噛み合わせが生まれるのです。