治療完了したのに、その後も歯がしみるのはなぜ?

虫歯の治療後も、歯がしみることがあります。これは、虫歯の部分を取り除いた分だけ神経に近くなるので、口の中の刺激が神経にすぐ伝わるためです。また、金属を詰めた場合、元の象牙質に比べ熱が伝わりやすいので、しみる感じも強まります。歯は神経を守ろうとして新しい象牙質(第二象牙質)を作るので、これが形成されればしみなくなります。それまでの期間はしばらく様子を見るようにしましょう。