子どもがよく口をぽかんと開けているのですが、これってよくないの?

よくないですね。
口をよく開けているということは口呼吸をしていることが多く、常に口で呼吸することで口を閉じる習慣が無くなってしまいます。
口を開けたままだと、唇の筋力が弱くなり唇はたるんで太く、唇の角(口角)はへの字に下がってしまいます。
また舌も下がってくるため、下がった舌に歯が押されて歯並びが悪くなることもあります。
口が開いていたら閉じるよう注意して口が開いていることを自覚させたり、口の筋力をつけるために良く噛んで食べさせてあげてください。