診療方針

院長 赤松由崇からのご挨拶

従来の歯科医院のイメージは、「こわい!」「暗い」「痛そう!」というマイナスのイメージがあったとおもいます。

また、「歯を抜かれた」「神経を抜かれた」ということはわかっても、「なぜ痛くなったか」「なぜそういう治療をしたか」などわからない一方的な治療が多かったと思います。
(そうせざるを得ない状況だったかもしれません)

だから、患者様も歯が痛くならないと歯科医院に行かなくなる、行ったらさらに痛いのでまた行かなくなるという悪循環が起きているのだと思います。

「この、歯科医院に対する暗~いイメージ、一方的な治療をどうしても変えたい!」という思いで、まず緊張して来られる患者様に少しでも気分が和らぐように「明るい ゆったりとした空間」を大事にしています。

また、患者様のお話をじっくりお聞きして、どういう治療がいいのか患者様と一緒に考えて治療を進めていきたいと思っております。
そして、治療が終わった後はじっくりお聞きして、どういう治療がいいのか患者様と一緒に考えて治療を進めていきたいと思っております。
そして、治療が終わった後は、二度とあのイヤな削る音をきかなくてもすむように、定期的なお口のメンテナンスをしていきたいと思います。

患者様が一生ご自分の歯でおいしくお食事してもらい、毎日笑顔(いい歯でにっこり!)で過ごしていただけるよう”まごころ”込めて診療したいと思います。

プロフィール

歯科医師 赤松 由崇(院長)

昭和43年 愛媛県生まれ
平成05年 岡山大学歯学部卒業
平成10年 岡山大学大学院卒業(歯学博士)
平成10年~平成12年
岡山大学歯学部付属病院勤務
平成12年~平成15年
加古川市の歯科医院勤務

大学在籍中は顎関節症の患者さんを専門に治療していました。
かみ合わせの不具合や、心理的な要因からくる食いしばりや歯軋りが原因で顎の間接の痛みや肩こり・頭痛といった症状を起こす病気です。
そのため微妙なかみ合わせの調節や、カウンセリングを行うことで心理的な問題を取り除く診療を行ってきました。

癒される医院づくりを目指します!

所属団体、役職など

・日本補綴歯科学会会員
・日本ヘルスケア歯科研究会会員
・初級産業カウンセラー